世界25都市で同じ日に「地球規模」マラソン大会

印刷

   2008年の晩夏、ロンドン、ニューヨーク、上海など世界の25都市で、同じ日にマラソン大会が開催される。ナイキが主催する“史上最大”のランニングイベント「THE HUMAN RACE 10K」だ。08年7月5日に東京・目黒で開かれた記者発表会では、陸上の為末大選手が「これまでにはなかった地球規模のイベント」とアピールした。

「地球上の人と競える喜びを感じてほしい」

ランニングイベントの魅力を話す為末選手
ランニングイベントの魅力を話す為末選手

   「THE HUMAN RACE 10K」は08年8月31日、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドン、パリ、上海といった世界の主要都市で同日開催される。日本では山梨県の本栖湖畔で開催。富士山を横目に自然を感じることのできる10キロのコースを、1万人のランナーが駆け抜ける。レース後には音楽イベントもあり、木村カエラさんらが出演する。

   このような世界規模のランニングイベントは史上初の試みという。世界中の何十万人という人が同じ日に走る。その意義について、為末選手はこう表現した。

「世界中がインターネットでつながってはいるんだけれど、まだまだバーチャルな部分があると思う。でも、このレースでは実際に横でも競い合っていて、向こう側では誰かが10キロ走っている。そういう意味で、バーチャルとリアルがいいバランスに保てているんじゃないかと思うんです」

   このランニングイベントは、北京オリンピックの最後を飾る男子マラソンのレースから1週間後に開催される。ハードルの日本代表として五輪に出場する為末選手も、五輪と共通する大会の魅力をアピールした。

「これまでにはなかった地球規模のイベント。地球上の人たちと競いあえる喜びを感じてほしい。また、自分自身で目標を立てて、自分と競うことのできる喜びも感じてほしいと思います」

   イベントの参加受付は7月7日~8月10日、ナイキホームページ「nikeplus.com」内で行う。参加人数は1万人を予定しており、定員になりしだい締め切る。参加費は5000円で、うち2000円はチャリティ団体に寄付される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中