俳句から浮かび上がる「渥美清」の素顔

印刷
巻末には俳人・石寒太による「風天俳句全解説」もついている
巻末には俳人・石寒太による「風天俳句全解説」もついている

   大空出版は、1996年に亡くなった俳優の渥美清さんの俳句人生に焦点を当てた「風天 渥美清のうた」を2008年6月27日に発売した。

   「風天 渥美清のうた」は、渥美さんの晩年に「風天」の俳号で作られた俳句に焦点を当てたルポルタージュ。週刊誌「アエラ」の句会などに渥美さんが投稿した俳句のなかから、

「そば食らう 歯のない婆や 夜の駅」
「初めての 煙草覚えし 隅田川」

など、218句をコラムニストの森英介さんが発掘して、収録した。また、「話の特集」元編集長の矢崎泰久さんやイラストレーターの和田誠さんなど、当時の関係者の証言も収めている。

   価格は1800円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中