入門者向けのデジタル一眼 ソニー

印刷
ソニー「α300」
ソニー「α300」

   ソニーは2008年7月17日、入門者向けに1020万画素のデジタル一眼レフカメラ「α300」を発売する。

   コンパクトデジカメと同じ感覚で、ボディ背面の可動式液晶画面を見ながら撮影できるライブビューに対応した。また、ISO3200相当の高感度CCDセンサーを採用したほか、「α300」向けに最適化した画像処理エンジン「BIOZ」を搭載しており、ノイズが少なく画質の高い写真を撮影できるという。手ブレ補正機能も内蔵する。

   ブラックとシルキーゴールドの2色。想定価格はボディが7万円前後、レンズキットが8万円前後。これまで初心者向けに展開していた「α200」と「α350」の中間モデルと位置づけ、コンパクトデジカメからデジタル一眼への乗り換え需要の取り込みを狙う。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中