2021年 9月 24日 (金)

コンビニが「たばこ屋」に変身? 「タスポ特需」を強烈アピール

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   たばこを自動販売機で買うためには、成人識別ICカード「taspo(タスポ)」が必要だ。このタスポが2008年7月1日から、いよいよ東京でもスタートしたが、実際にタスポをもっている人は少ない。というわけで、受け皿となったコンビニエンスストアは「タスポ特需」に沸いている。

「タスポなしでもたばこが買える」

ここはコンビニなのか?それとも「たばこ専門店」なのか?
ここはコンビニなのか?それとも「たばこ専門店」なのか?

「taspo無しでもたばこが買える」が売り文句
「taspo無しでもたばこが買える」が売り文句

   東京都千代田区の住宅街にあるローソン。店を取り巻くガラス窓には「たばこ」の文字がやたらに目立つ。

   赤い逆三角形のステッカーが10枚、同じく赤地のホームベース型の旗が7枚、窓のいたるところに飾られている。入り口の自動ドアの脇には、「たばこ販売中!!」「taspo無しでもたばこが買える」という張り紙まで貼られていて、「たばこ、売ってまっせ」と強烈にアピールする。

   店内に入れば、レジの前の天井から大きなのぼりが3本垂れ下がっている。ステッカー、旗、のぼりのすべてに「たばこ」という文字がデカデカと躍り、いやがうえでも目に飛び込んでくる。まるでたばこ専門店になってしまったかのような光景だ。

「ちょうどタスポ開始の直前にライセンスが取れて、たばこの販売ができるようになったんですよね。これからどんどん品揃えを拡充していきますんで、よろしくお願いします!」

   店員さんもやけに威勢がいい。しかし、ここまで「たばこ」をプッシュされると、嫌煙家の人はいい気分がしないかもしれない。

   近くには小学校や中学校もあり、学校帰りの子供たちが立ち寄る姿もみられる。このコンビニをときどき利用するという20代のOLは

「たばこって大きく書かれている店に、小さな子供たちが入っていくのはちょっと違和感がありますね」

と語る。「ストレス解消にはたばこが欠かせない」という30代のサラリーマンも、

「僕はたばこを吸うから便利だと思いますけど、ちょっと引いてしまいますね」

と話していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!