2018年 7月 18日 (水)

「膨らみ」と「粘り」アップの炊飯器 

印刷
東芝ホームアプライアンス「真空圧力IH保温釜」
東芝ホームアプライアンス「真空圧力IH保温釜」

   東芝ホームアプライアンスは、真空ポンプと新素材・新形状の鍛造厚釜を採用することで、ごはんのおいしさを引き出す「膨らみ」と「粘り」がアップする炊飯器「真空圧力IH保温釜」(ウォームシルバー、4機種)を、2008年9月1日から発売する。

   新製品は、ごはんのおいしさを向上させるための技術として、ネオジウム磁石採用の小型高性能の真空ポンプを2機使用した「ダブル真空aエンジン」を搭載。これにより、お米の吸水効果と速度が高まり、0.55気圧の減圧を可能にしたことで、ごはんの「味」「見た目」「粘り」「硬さ」が向上した。また、40時間という業界最長となる保温時間と、IHジャー炊飯器では業界で初めて玄米や雑穀米の保温を可能にした。いずれもオープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中