2018年 7月 16日 (月)

PE’Zが結成した歌モノユニット「pe’zmoku」デビュー

印刷
pe’zmoku 「ギャロップ」
pe’zmoku 「ギャロップ」

   ジャズインストバンド「PE’Z(ペズ)」と歌手の「suzumoku(スズモク)」が新ユニット「pe’zmoku(ペズモク)」を結成した。デビュー作となるミニアルバム「ギャロップ」を2008年7月9日にリリースした。

   2002年のメジャーデビュー以来、ジャズをベースにラテン、ロックなどを取り込んだ幅広いサウンドで、国内だけでなく海外でも人気を博してきた"侍ジャズバンド"PE’Zと、07年にデビューした若干23歳のオルタナティヴ・フォーク歌手・suzumokuが、「音楽を通して皆に夢や希望を伝えたい」との想いで結成した。「赤いトンガリ帽子」がトレードマークだ。

   今回、DefSTAR RECORDSから発売されるミニアルバム「ギャロップ」は、既にiTunes等で販売している「盲者の旅路」と「Nica’s Dream」のほか、新曲3曲を含めた全5曲を収録。表題作「ギャロップ」は、人気アニメ「BLEACH」の7月クールのエンディングテーマに決定している。

   いずれの楽曲も、高度なテクニックに裏付けされたPE’Zのアグレッシヴな演奏に、suzumokuの張りのあるエモーショナルな歌声が乗った快作に仕上がっている。

   価格は1835円。発売を記念して、08年7月12日には東京・渋谷HMVでインストアライブが行われる。今後もpe’zmoku名義で活動を続けるとのことで、SUMMER SONIC 08への参加と、秋には単独全国ツアーが予定されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中