2021年 9月 17日 (金)

ネットで「パブリックビューイング」 新動画サービス「おしゃべりテレビ」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   オリンピックやワールドカップなどの大きなスポーツイベントのとき、ファンが1か所に集まって、テレビ中継を見ながら応援する光景が見られる。いわゆる「パブリックビューイング」だ。このパブリックビューイングを、ネットで気軽に楽しめるようにする新サービス「おしゃべりテレビ」が2008年夏、スタートする。

テレビ見ながら気軽にチャット

パソコンでテレビ中継(上)を見ながら、アバターつきのチャットを楽しむ
パソコンでテレビ中継(上)を見ながら、アバターつきのチャットを楽しむ

   おしゃべりテレビを手がけるのは、インターネットコンテンツ制作のジー・モード。これまでは主にケータイ向けのコンテンツを提供してきたが、「今までにない新しいコミュニケーションサービスを」ということで、おしゃべりテレビを企画した。

   おしゃべりテレビは、チューナーつきのパソコンでテレビを見ながら会話する「テレビ連動型のチャットサービス」だ。専用ソフトを起動すると、パソコンにはテレビ画面と同時にコミュニケーション画面が表示される。参加者はスポーツ中継などの番組を見ながら、他の人のコメントを読んだり、自分の感想をコメントしたりして「同じ時間」を共有する。

「普通のチャットだとネタに困ったり、途中から入りづらかったりしますが、テレビを見ながらだったら共通の話題があるし、気軽に入ったり抜けたりできるはず。そんな発想から、気楽に楽しめるコミュニティサービスとして『おしゃべりテレビ』を考えました」

と企画を担当したジー・モードの椿原治郎さんは話す。

   「ルーム」と呼ばれるチャット空間はテレビのチャンネルごとに分かれていて、同じテレビ番組を見ている人たちが一緒に盛り上がれるようになっている。どんな番組でもコメントすることができるが、特にメインになるだろうと想定しているのが、スポーツの生中継やニュース番組だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!