3万円の「個室」で映画鑑賞 新宿に豪華映画館がオープン

印刷

   ペアで3万円の「個室型バルコニー席」を備えた豪華な映画館「新宿ピカデリー」が2008年7月19日、東京・新宿3丁目にオープンする。高級ソファーにもたれかかり、贅沢な雰囲気の中で映画が楽しめる。その発想のもとは高級ブランドのブティックにあった。

「白」を基調としたファッショナブルな外観

個室型のバルコニー席「プラチナルーム」。人目を気にすることなく泣いたり笑ったりできるのも魅力
個室型のバルコニー席「プラチナルーム」。人目を気にすることなく泣いたり笑ったりできるのも魅力

   「新宿ピカデリー」は、松竹が運営する都市型のシネマコンプレックス。11階建ての館内には合計10の大型スクリーンが設置されている。映画館のコンセプトは「真っ白なシアター」で、外観も内装も白を基調としたつくり。建物の正面はガラス張りでおしゃれな雰囲気だ。

   映画はエンターテインメントであると同時に、ファッショナブルで洗練されたアートだ――という考えが発想の根本にはある。松竹・映画興業部の伊東森人副部長は、「新宿ピカデリー」を建てる際、高級ブランドの「ディオール」や「シャネル」のブティックを見て回った。バッグや靴のディスプレイの仕方が、まるで芸術品を飾るかのようだったと振り返る。

「映画館もそんなスタイリッシュな空間にしたいと思ったんです。ポスターや予告映像なども雑然と並べるのではなく、美術品のように陳列しています」

ふかふかの高級ソファーが設置された「プラチナルーム」

「プラチナシート」はペア席になっている。1人で利用することもできるが相席する場合も
「プラチナシート」はペア席になっている。1人で利用することもできるが相席する場合も

   「ピカデリー」の目玉は5階にある。個室型のバルコニー席「プラチナルーム」と高級感あふれる座席「プラチナシート」だ。

   580人を収容できる巨大な「スクリーン1」は4階と5階にまたがっている。そのため、プラチナルームとプラチナシートでは、ちょうどドーム球場のバルコニーシートから野球を観戦するような具合で、映画鑑賞ができるのだ。このバルコニー部分の真ん中にプラチナシート22席があり、その両サイドにプラチナルームが位置している。

   2室しかないプラチナルームは、個室型のプライベートスペース。イタリアブランド「カッシーナ」製の高級ソファーが設置されている。このソファーはイタリアデザイン界の巨匠、ヴィコ・マジストレッティが手がけたもので、その値段は「車一台分ぐらい」(伊東さん)という。座り心地は素晴らしく、ふかふかのシートに体をもたせかけると、沈み込むようにフィットする感じだった。足置きもついているから、体を目いっぱいのばすこともできる。このプラチナルームの料金がペア3万円。

   一方、個室型ではないものの、高級な椅子に座って映画を堪能できるのが、プラチナシートだ。スクリーンの真ん中に位置するため、画面がよく見える。特注でつくったという「カッシーナ・イクスシー」のシートは、体の当たる部位によって違う柔らかさにした。首の部分も負担がかからないよう設計。手元を照らす小型スタンドも設置と至れり尽くせりだ。こちらのお値段は、1人5000円となっている。

「人間の五感すべてに訴えるような劇場を」

08年7月19日オープンする「新宿ピカデリー」。「白」を基調としたおしゃれな外観
08年7月19日オープンする「新宿ピカデリー」。「白」を基調としたおしゃれな外観

   このような「豪華空間」を作った理由について、伊東副部長は次のように話す。

「例えば、歌舞伎は歌舞伎座だからおもしろい。オペラはウィーンの劇場で見るから、ひと味違ったオペラを楽しめる。つまり、劇そのものの面白さに加えて、劇場の環境が大事なんですよ。人間の五感全てを活用して、感性に訴えるような――そういう場所を作りたいと思ったんです」

   松竹の大谷信義会長も、オープンに先駆けて2008年7月17日に開かれた「完成記念内覧会」で、同じような趣旨のことを述べた。

「映画館に足を運んで、暗い空間で一緒にスクリーンを見る緊張感はひとつの楽しみです。だからこそ、劇場の存在は重要です。『新宿ピカデリー』は、できる限りの素晴らしい劇場を作っていきたいと考えております」

   歌舞伎座やオペラ座のような映画館で、いつもとは一味違った、贅沢な映画鑑賞を楽しんでみてはどうだろうか?

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中