北九州市、自治体初の「環境検定」実施へ

印刷

   北九州市は2008年7月24日、市民の環境知識を高めることを目的に「北九州市環境首都検定」をスタートする、と発表した。同市は7月22日に政府から「環境モデル都市」に指定されたばかりで、同市によると、自治体が環境関連の検定を行うのは初めて。試験は08年11月9日に西日本総合展示場新館(小倉北区)で行われ、小学校高学年向けに作成したテキストなどから50問がマークシート方式で出題される。北九州市民以外でも受験可能で、申込書をウェブサイトからダウンロードし、9月30日までに郵送で申し込む。受験料は無料。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中