2018年 7月 22日 (日)

「部屋の温度下げたい!」はメタボの始まり?

印刷

   「メタボな人」ほど室内の設定温度を下げたい傾向にある――ダイキン工業が、夏場の空気と健康に関するアンケートを行ったところ、こんな結果が出た。 メタボな人にとって、オフィス内での推奨設定温度28度では、ちょっぴり暑い?

   「自分はメタボだ」と思っている人に「部屋の温度設定は何度が望ましいか」と質問したら、最も多かったのは25度(22%)だった。一方、「メタボではない」と思っている人で最も多い回答は28度(29%)。メタボか非メタボかで、3度の差が出た。

   また、「部屋の設定温度は他の人より下げたいか」との質問に対して、「下げたい方だと思う」と回答したメタボな人の51%、非メタボな人の場合は31%。メタボな人のほうが「部屋の温度を下げてほしい」と、より強く思っていることが明らかになった。

   アンケートは2008年6月13~16日にインターネット調査で実施。全国の20代~50代の男女、計400人が回答した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中