DAIGO、バスケ版少林サッカーに「メガすごうぃっしゅ!」

印刷

   CGとワイヤーを駆使したスーパープレーが満載のバスケット映画「カンフー・ダンク!」の公開を記念したイベントが2008年7月28日、東京・赤坂で開かれた。イベントには、主演した台湾の人気歌手ジェイ・チョウ(周杰倫)さんのほか、タレントのDAIGOさんが登場。得意の“ダイゴ録”を披露しながら映画をアピールした。

「カンフー・ダンク!」主演ジェイ・チョウと「フリースロー対決」

DAIGO直伝「ロックポーズ」を決めるほしのあきさん、ジェイ・チョウさん、DAIGOさん(左から)
DAIGO直伝「ロックポーズ」を決めるほしのあきさん、ジェイ・チョウさん、DAIGOさん(左から)

   「カンフー・ダンク!」は、超人的な身体能力をもつ主人公がカンフーの技を生かして次々とダンクシュートを決めていく特撮スポーツ映画。「少林サッカー」や「ハリー・ポッター」を手がけたスタッフが集まり、“バスケット版少林サッカー”ともいえる迫力あるダンクシーンを作り上げた。08年2月に台湾・香港・中国で公開され大ヒットした話題作だ。

   公開イベントでは、チアガール役で登場したほしのあきさんが見守るなか、主役のジェイさんとバスケット経験があるDAIGOさんがフリースローで対決したが、「実は、試合には2分30秒しか出たことがない」というDAIGOさんがジェイさんに敗れた。

   その後、ジェイさんにカンフーのポーズを教えてもらうと、DAIGOさんは

「いま、日本でちょっとキテるんすよ」

と言いながら、

「カンフーダンク、メガすごうぃっしゅ!」

と両手をクロスさせる決めの“ロックポーズ”を披露。

   ポーズをマネしたジェイさんも

「大スターからいろいろと勉強させてもらって、ありがとうございます」

と喜んでいた。

   

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中