セレブがデザインした「エコTシャツ」いかが?

印刷

   英ファッションモデルのケイト・モスさんや米女優グウィネス・パルトロウさんらがデザインしたファッションブランド「L.E.N.Y.(レニー)」が、東京・伊勢丹新宿店やシブヤ西武などに2008年夏、オープンした。このブランドはセレブがデザインしたというだけでなく、収益の一部を環境保護にあてるチャリティプロジェクトになっている。

「不都合な真実」のゴア氏の環境プロジェクトに寄付

個性的なデザインがずらり。トートバッグのコレクション
個性的なデザインがずらり。トートバッグのコレクション

   「L.E.N.Y.」プロジェクトを立ち上げたのは、フランスのファッション見本市「トラノイ」で14年間トップを務めたマリエル・ガンボアさん。ファッションから環境問題に貢献するという視点で、07年の秋冬コレクションにあわせてプロジェクトを始めた。

   収益の一部はアメリカ元副大統領のアル・ゴア氏が率いる団体「The Climate Project」に寄付され、環境問題の解決に向けて活躍できる人々をトレーニングするための費用に使われる。ゴア氏は地球温暖化について啓発活動を行っていて、ドキュメンタリー映画「不都合な真実」は日本でも話題を呼んだ。

   展開するアイテムは、Tシャツ、バッグ、ジョギングスーツなど。ケイト・モスさんやグウィネス・パルトロウさんのほか、仏「VOGUE」編集長のカリーヌ・ロワトフェルトさんら37人の著名人がデザインする。価格は、Tシャツ2万9400 円、バッグ5万1450円、ジョギングスーツのパーカー3万9900円、同パンツ1万6800円。

   百貨店では伊勢丹新宿店、シブヤ西武、バーニーズニューヨークで販売する。8月からは福岡岩田屋でも扱うことが決まっている。その他、リステアなどのセレクトショップでも販売している。

   日本代理店であるPLATFORM(東京都渋谷区)の担当者は、 「すべてがチャリティで成り立っているために大々的なPRをしていないが、口コミが広がっているようだ。活動を無理なく長く続けていきたいというのがマリエルの考えでもある」と話している。

   「ハーパース・バザー日本版」や「フィガロジャポン」といったファッション誌で取り上げられて、ファッション好きや海外セレブに関心がある女性らが店に訪れているようだ。中には趣旨に共感を受けたというお客からの問い合わせもあったという。

   L.E.N.Yでは今後、環境保護以外のチャリティも視野に入れている。ファッションを社会貢献につなげるという活動はさらなる広がりを見せそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中