「3回連続蒸らし」でうまさを増す炊飯ジャー

印刷
象印マホービン「極め炊き」
象印マホービン「極め炊き」

   象印マホービンは、お米のうまみや甘みを引き出す「パワー圧力」を約10%アップすることで、いままで以上においしいごはんが炊ける、真空内釜圧力IH炊飯ジャー「極め炊き」(NP-LT型)を、2008年9月1日から発売する。

   「パワー圧力」をパワーアップしたことで、従来2回までだった「圧力蒸らし」を3回連続でかけられるようになり、蒸らし工程でいままで以上に余分な水分を飛ばせるようになった。それにより、さらにおいしく、弾力のあるごはんに仕上がる。

   また、「じっくり時間をかけて、もっとおいしいごはんを炊きたい」というニーズに応えて、甘みを引き出す新フロー「熟成炊き」を開発した。表示画面には有機ELディスプレイを採用。メニューや炊きあがり時間のお知らせなどをわかりやすく表示する。

   希望小売価格は、NP-LT10(炊飯容量0.09~1.0リットル)が9万7650円、NP-LT18(同0.18~1.8リットル)が10万800円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中