2018年 7月 23日 (月)

1万円切ったビデオカメラ 「YouTube」投稿に最適

印刷
クリエイティブメディア「Vado Pocket Video Cam」
クリエイティブメディア「Vado Pocket Video Cam」

   クリエイティブメディアは2008年7月24日、手軽に動画を撮影できる小型ビデオカメラ「Vado Pocket Video Cam」を売り出した。オープン価格だが直販サイトでの販売価格は9800円。

   本体が名刺サイズ(55mm×110mm×16mm)で、重さも84gと小型で軽量なのが特徴。容量2GBのフラッシュメモリと30万画素のCMOSセンサーを搭載しており、VGAサイズ(640ピクセル×480ピクセル)の映像を合計で2時間まで撮影できる。

   同社では動画共有サイトやブログなどへの投稿用動画の撮影を想定しており、動画を「YouTube」などに簡単にアップロードする機能も備える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中