押井守、自らリニューアルした『攻殻機動隊2.0』

印刷
『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
(c)1995・2008 史郎正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT

   バンダイビジュアルは2008年12月19日、押井守監督のSFアニメ映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』のBD(ブルーレイディスク)、DVDを発売する。

   高度に情報化された近未来を舞台に、犯罪者に立ち向かう少数精鋭部隊、公安9課(通称:攻殻機動隊)の活躍を描く。本作では、情報操作やテロの容疑で国際手配中のハッカー「人形使い」の事件を追う。

   1995年に公開したアニメ映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』をリニューアルし、08年7月12日から全国5都市7館で限定公開された。最新のデジタル技術を駆使した3DCGカットとデジタルエフェクトを追加した。また、新たにアフレコをし直している。

   価格は、メイキングなどの特典映像やブックレットをセットにした初回限定版「Blu-ray BOX」が1万3440円。BDは8190円、DVDは5040円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中