2021年 9月 19日 (日)

投稿動画で「ピアノコンクール」 隠れた「街のショパン」を探せ

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   YouTubeなどの動画投稿サイトには、趣味としてピアノを楽しむ「街のピアニスト」の演奏動画が多数アップされている。なかにはプロ顔負けのテクニックをもったスゴ腕の演奏家もいる。そんな隠れた才能をネットを使って発掘しようというユニークな「ピアノコンクール」が2008年の夏から冬にかけて開催される。

誰でも気軽に「演奏」と「審査」に参加できるコンクール

動画サイトに投稿された「演奏動画」を視聴して審査する
動画サイトに投稿された「演奏動画」を視聴して審査する

   動画によるピアノコンクール「街のピアニスト・コンクール」は、ネット上に投稿された「演奏動画」を専門審査員と一般視聴者が一緒に評価して優勝者を決めるという今までにないピアノコンクールだ。

   応募者は、YouTube やYahoo!ビデオキャスト、eye Vioなどの動画サイトに演奏動画を掲載した後、コンクールのサイトでエントリーを行う。演奏形態や作品ジャンルは自由だ。プロ・アマも問わず、ピアノを演奏する人なら誰でも自由に自分の演奏を動画に記録して応募できる。

「一般のアマチュアのコンクールでは参加料がかかるのに対して、参加が無料である点も画期的です」

   コンクールを主催するファーストインパクト(FIRST IMPACT)の企画担当者・新井将之さんはこう話す。

   評価は、音楽関係の審査員だけでなく、一般視聴者が投稿するコメントの数と質で決まる。審査員にはプロのピアニストや調律師など、プロとしてピアノに関わる専門家を予定しているが、

「一般の方からピアノの好きなお子様を審査員としてお迎えすることも考えています。また視聴者の方のコメントが賞を左右するので、視聴者の方の意見が反映されやすいコンクールになっています」

   最も評価が高かったピアニストには「街のピアニスト大賞」として5万円の賞金が贈られる。演奏動画の受付は08年8月8日から11月30日までで、受賞者は09年1月に発表される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!