「セクハラ相談」のポイント学べる通信講座

印刷
セクハラ相談員
セクハラ相談員

   NPO法人セクシャルハラスメント協議会はこのほど、「セクハラ相談員(初級)養成通信講座」を開講した。

   企業内におけるセクハラ問題に対して、適切な対応ができる人材の育成を目指す。社会保険労務士や行政書士など企業外部で相談を受ける専門家のみならず、企業内で同僚からセクハラ相談を受けることの多い人にも役立つ資格だという。

   勉強内容は「セクシャルハラスメントの定義/分類」「相談窓口のあり方」などいくつかのジャンルに分かれており、セクハラ問題を様々な角度から検討する。また判例研究などを通じ、実際の現場で役立つセクハラ相談への対応のポイントを学べる。

   受講期間は標準3か月。3回の課題提出と、修了課題で正答率70%以上が資格取得の条件となる。受講料は2万1000円。

   協会では、今後中級・上級の資格設置も検討している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中