2018年 7月 16日 (月)

静かさと強い吸引力を維持するクリーナー

印刷
サイクロン式クリーナー「クワイエ VC-2000X」
サイクロン式クリーナー「クワイエ VC-2000X」

   東芝ホームアプライアンスは、静かなのに強い吸引力を維持して、細塵除去率をほぼ100%にしたサイクロン式クリーナー「クワイエ VC-2000X」と紙パック式クリーナー「クワイエ VC-100X」を、2008年9月1日から発売する。

   サイクロン式の「クワイエ VC-2000X」は、業界NO1となる49dB(デシベル)の低運転音を実現。新たに搭載した「ウルパクリーンフィルター」によって、微細なチリを排気からほぼ100%除去する。フィルターを自動洗浄する3段階サイクル気流機構「3ステージサイクロン」の採用で強い吸引力の持続を実現している。

   紙パック式の「クワイエ VC-100X」は、紙パック式としては最も静かな53dBの「低騒音化構造」、強い吸引力を維持する「長持ちルート」と「目詰まりクリアロボ」を搭載。浮遊しているミクロのチリやフローリングの気になるざらつき、目地の奥や壁際のゴミまでしっかり吸い取る。従来機種(VC-M9C)と比較して、消費電力で約20%削減する。

   いずれも、オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中