ニコ動から誕生「らっぷびと」 仮想世界で起こる「音楽革命」

印刷

『RAP BEAT』
らっぷびと
QWCE-00054/1500円
2008年8月6日発売
EXIT TUNES


   ミュージック・シーンにニューカマーとして登場してくる多くのミュージシャン、アーティストは多くの場合、コンテスト、オーディション、デモンストレーション(売り込み)、ストリートパフォーマンスなどなど、リアルな現場から登場してくる。それは音楽が商品として流通するようになってから(それがいつのことかわからない。商品としての音楽という線引きがどこにあるのかもわからないもので……)ついこの間まで変わらない形だった。

   なにかのキッカケで1人のアーティストの音楽に惚れ込み、北海道や沖縄までわざわざ足を運ぶディレクターもまだ、いる。だが、音楽の流通の仕方がCDなどのパッケージメディアを必要としなくなり、音源入手の方法、楽しみ方が変化したのと同様、音楽を提供する側のありようも変化するのはやむをえない。音源のデジタル化という技術革命と、その制作・流通革命は、ミュージシャン、アーティストの有り様も変化させた。

   最近ではネットという仮想世界で、多くのミュージシャンが誕生している。アニメのお姉ちゃんまでデビューしている。その中で最も今とも言えるミュージシャンが誕生した。 ネット上でトラックメーカーとラッパーがコラボして一つの作品を生み出す「ネットRAP」シーンという世界がある。そこから生まれた「らっぷびと」。まだ20歳のアマチュア・アーティストだ。

   普通RAPPERはストリートから誕生するが、らっぷびとは仮想世界ともいえるネットから生まれた。「人として軸がぶれているらっぷ」はニコニコ動画で40万PVを記録したほか、YouTubeなどネット上で総計80万PVオーバーという化け物楽曲になった。小気味の良いリズムとタイトなRAPの連続は、あっという間に聴き終える。

   リアルなストリート育ちのRAPPERとは違う有り様は、どうリスナーに評価されるのかはわからない。だが、こうした形で音楽が作られていくようになるということだけは、確かなことなのだ。


【RAP BEAT(らっぷびと) 収録曲】
1.WHEN THEY CRY
2.thrown The dice(feat.DC)
3.ありがとうのうた
4.素晴らしき絶望 零
5.クローバー
6.鼬ごっこ
7.アル晴レタ日
8.人として軸がぶれているらっぷ
9.WHEN THEY CRY(REMIX)


◆加藤 普(かとう・あきら)プロフィール
1949年島根県生まれ。早稲田大学中退。フリーランスのライター・編集者として多くの出版物の創刊・制作に関わる。70~80年代の代表的音楽誌・ロッキンFの創刊メンバー&副編、編集長代行。現在、新星堂フリーペーパー・DROPSのチーフ・ライター&エディター。

When They Cry (らっぷびと) ミュージックビデオ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中