2019年 12月 15日 (日)

夏にオススメ「天空の水族館」 夜空に浮かぶ金魚やサンゴ礁

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   今年は、お盆だから帰省、いっそ海外旅行――ではなく自宅で過ごす人も多いようだ。そんな人にオススメのスポットが六本木ヒルズの52階、東京シティービューに登場したスカイ アクアリウムII。暑さをすっかり忘れさせてくれること請け合いだ。

沖縄の海でもなかなか見られない「夜のサンゴ礁」

大都会のパノラマを背景にクマノミが泳ぎ回る
大都会のパノラマを背景にクマノミが泳ぎ回る

   最初に迎えてくれるのはクマノミの群れ。「パラダイス・フォール」と名付けられた階段状の水槽だ。この水槽の上に回り込むとクマノミごしの東京の風景という演出。よく見ると、1段ごとに違う種類のクマノミがいて、最上段だけは何種類ものクマノミがいる。そして緩やかにグループを作っている。この景色だけでも充分楽しめた。

   僕が覗いたのは夕暮れ時で、それはそれでいい雰囲気だったのだけれど、この風景は夜景でも早朝でもいい眺めだろう。窓からの光がしっかり入ってくるので、クマノミたちも時間に合った生活ができているに違いない。

   しかし、本題はこれから。様々に工夫の凝らされた水槽がこの後、次から次へと現れて驚かせてくれる。

   まずはアクアリストたちがそれぞれに工夫を凝らした水槽が展示されている。ここではなかなか見ることのできない夜のサンゴ礁の風景もいくつかある。生きたサンゴがポリプを伸ばしている姿が目の前にある。

   沖縄の海でサンゴ礁を見た、という人もなかなかこの風景は見たことがないだろう。それぞれの生態にあった魚たちの姿をたくさん見ることができる。それぞれに自分のイメージで水槽に名前が付いていて、その名付け方と照らし合わせながら見るのも面白い。


◆坂井 直樹 プロフィール

坂井直樹氏
ウォーターデザインスコープ代表/コンセプター。1947年京都市出身。京都市芸術大学デザイン科入学後、渡米。サンフランシスコでTattoo Companyを設立。ヒッピー達とTattooT-shirtを売り、大当たりする。帰国後、ウォータースタジオを設立し、日産「Be-1」「PAO」のヒット商品を世に送りだし、フューチャーレトロブームを創出した。2004年デザイン会社、ウォーターデザインスコープ社を設立し、ケイタイを初めとした数々のプロダクトを手がける。現在auの外部デザイン・ディレクター。07年9月、新メディアサイト「emo-TV」を立ち上げる。同年12月には、日常の出来事をきっかけにデザインの思想やビジネスコンセプトを書きつづった「デザインの深読み」(トランスワールドジャパン刊)を著した。

>>>emoTV ムービーのココロミ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!