千秋「セックス・アンド・ザ・シティ」に大興奮

印刷

   2008年8月23日に公開されるアメリカ映画「SEX AND THE CITY(セックス・アンド・ザ・シティ、通称SATC)」。その試写会に、タレントの千秋さんが行ってきたという。8月13日のブログで、千秋さんは興奮が冷めやらぬ様子で熱く語っている。

「あの四人が帰って来た。それだけでジーン。・・・・」

ビッグと念願のウェディング! キャリーが着ているのは「ヴィヴィアン・ウエストウッド」のドレスだそう
ビッグと念願のウェディング! キャリーが着ているのは「ヴィヴィアン・ウエストウッド」のドレスだそう
「キャリー!
ミランダ!
シャーロット!
サマンサ!
あの四人が帰って来た。
それだけでジーン。・・・・」

   米ニューヨークを舞台に4人の独身女性が恋愛やセックスについて、過激な本音を語る「SATC」。1998年からアメリカで放送されて同年代の女性を中心に人気を集め、全6シリーズにも及ぶ大ヒットとなった。日本でもDVDが販売されていて、2004年の放送終了から4年経つ今も、多くの女性を虜にしている。

   千秋さんも根っからのファンのようで、

「映画、ゴージャスだった。
お洒落なのは相変わらず。
笑ったし、泣いた」

と、コメントしている。

   SATCの魅力の1つが、4人の女性のオシャレなファッションだ。例えば、靴マニアのキャリーは、イギリスの高級靴ブランド「マノロ・ブラニク」、「ジミーチュー」、フランスの「クリスチャン・ルブタン」と、ため息が出るような美しい靴を履いている。これをきっかけに日本でも、インポートの靴に夢中になる女性が増えたとか。

   また、シーズン4の中では、高級ファッション誌「VOGUE」の編集部が登場したりと、ファッション界でも注目されている。今回の映画版でも同誌は協力していて、キャリーが「VOGUE」でライターとして活躍するという設定だそうだ。

「LOVEもいいけどやっぱり女の友情もヤバイわ」

   恋愛やセックスを自由に楽しむ彼女らの根底には、女の友情がある。そんなところも女性ファンの共感を得ている理由だ。

「LOVEもいいけどやっぱり女の友情もヤバイわ
映画終わって感想を女友達とぺちゃくちゃ話すのがいいかも。
ってゆうか、もう一度観に行きたい。
あの四人みたいにお洒落して」

   ドラマが始まった当初は、彼女らは30歳代の設定だったが、10年が経ち40代になった。それでもオシャレで、知的で、自由に恋愛を楽しむ様子は変わっていないようだ。そんな姿に千秋さんは勇気をもらい、

「あー!!!
ワタシ達にも輝ける40代が待ってる気がする
女の子に生まれてよかった。
未来は明るい!
そんな気分にさせてくれる映画です」

   日本ではいまだに、女性に対して若い方がいい、セクシーよりもかわいい方がいいと思われがちだが、この映画を観ればそんな殻を打ち破るきっかけになるかもしれない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中