2021年 9月 27日 (月)

沖縄でフェラーリをレンタル!「高級外車レンタカー」相次ぐ

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ――青い海、白い砂浜。助手席では美女が髪を風に揺らしながら、微笑む。2人を乗せた車は海岸線を駆け抜けていく――こんなイメージを実現したいとき、乗る車は、国産車より真紅のフェラーリの方が似合うだろう。そうはいっても、フェラーリのオーナーになるためには2000万円超という価格の壁が立ちはだかり、簡単ではない。しかし、沖縄にはレンタカーによって実現するという手段も残されているのです。1日25万円かかりますが……

マセラティ、1泊2日9万8000円也。

沖縄では高級外車レンタカーサービスが相次いで開業している(車は「BMW 6シリーズ」)
沖縄では高級外車レンタカーサービスが相次いで開業している(車は「BMW 6シリーズ」)

   フェラーリやアストンマーティンといった高級外車をレンタカーして、リゾート気分を満喫する。そんなサービスが沖縄では相次いで開業している。たとえば、那覇市内で高級車のレンタカーサービスを提供するZ開発

「貸し出している車種は、NISSAN GT-Rやポルシェ、マセラティやアストンマーティンといったラインナップです」

というように、高級外車レンタカーサービスの最大の特徴は、取り扱う車種の「ランク」が普通のレンタカーと全く異なる点だ。イタリアのスポーツカー「フェラーリF430」、イギリスの高級車「ロールス・ロイス ファントム ドロップヘッドクーペ」といった、車両本体価格が2000万円~5000万円前後の車が貸し出される。

   通常のレンタカーが"リッターカー"と呼ばれるような、車両価格100万円から200万円前後の大衆車を中心に取り扱っているのに対し、豪華極まりないラインナップだ。

   気になるレンタル代はどれくらいか? たとえば、Z開発では「アストンマーティン DB9」が9万8000円、「ランボルギーニ ガヤルド」が12万8000円(いずれも24時間の料金)。また、同じく那覇市に拠点を置くレクリスリゾートレンタカーの場合は、「ロールス・ロイス ファントム ドロップヘッドクーペ」が50万円、「フェラーリ F430 F1」が25万円、「マセラティ クワトロポルテGT」が9万8000円(いずれも1泊2日の料金)といった具合だ。

   通常のレンタカーでは24時間レンタルの料金が、5000円台から高くても3万円くらいだから、いかにケタ外れな値段か、お分かりいただけるだろう

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!