2021年 8月 6日 (金)

ホテルマンか漁師か 夏の「お仕事体験」いかが?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京・豊洲の職業体験施設「キッザニア東京」が人気を集めているが、この夏休み、子どもの職業体験をテーマとした活動が全国各地で展開されている。そんな「職業体験イベント」の情報を集めたページが、地域情報ポータルサイト「チキタビ」にオープンした。さまざまな仕事の「現場」でその道のプロから仕事を教えてもらうことには、どんな魅力が隠されているのだろうか。

子どものための「ホテルマン」体験プログラム

でき上がった料理は両親に食べてもらう
でき上がった料理は両親に食べてもらう

   東京・早稲田のリーガロイヤルホテル東京では2008年7月~8月の夏休み期間中、ホテルの仕事を体験できる「キッズホテリア」を開催している。

   3才から小学生までの子どもが対象で、客室係・ドアマン・フロントマン・フロアサービス・シェフという5つの仕事を体験できるプログラムだ。参加者にはベルボーイ(ガール)やシェフのユニフォームが用意され、体験後には図書カードと年間アイスクリーム無料券という「お給料」も支払われる。

「もともと、今回のプログラムはキッザニアの人気を受け、子どもも一緒にホテルを楽しめるサービスはないかと思案した末に考え出された企画でした。去年1回目を実施してみたところ大好評で、さらに内容を充実させる形で今年も行うことになりました」

   キッズホテリア担当者の伊東菜緒子さんは、企画の背景をこう話す。

   プログラムはを体験できるのは、ホテル宿泊している家族の子ども。1家族につき2人まで参加できる。

「『職業体験』と銘打ってますので、お子様はご両親と離れてこのプログラムに参加していただきます。ただ、フロントマンのチェックイン作業やシェフ体験で作った料理など、伝授されたサービスはご両親にも確かめていただくことになっており、お子さんの仕事ぶりを体感していただけるかと思います」

   参加者から特に好評なのは、シェフの指導でオムレツやチャーハンの調理にチャレンジする「ちびっこシェフの奮闘記」。プログラムの順番としては最後にあたる。最初の頃に比べ緊張がほぐれているうえに、作った料理を自分で食べられるということで、子ども自身がもっとも楽しみながら参加できるプログラムのようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!