2021年 7月 27日 (火)

新ゆるキャラ「あなどれくん」 市制50周年で「町田」もえる

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   世間は夏休みシーズン。海外旅行は金と時間がかかるから、どこか近くの街にでも行こうか。でも人ごみは嫌だ。なんて声が、聞こえてきそうだ。では、東京近郊に住んでいる人だったら、それなりに発達しているが混雑はしない街「町田」に行ってみてはどうだろうか。仮にも一部で「西の渋谷」と呼ばれている町田。市が誕生してから50周年ということで、町田らしくささやかに盛り上がっている。

奈良が「せんとくん」なら、町田は「あなどれくん」だ

シンボルマークのあなどれくん
シンボルマークのあなどれくん

あなどれくんからもじった「あなどれ~ぬ」
あなどれくんからもじった「あなどれ~ぬ」

   ニヤリと笑う、つかみどころのないシュールなキャラクター。その正体は、町田市の「市制50周年記念事業」のシンボルマークだ。

   2008年は、町田市が誕生してから50周年という節目の年。市では、「市制50周年記念事業」を「町田ブランド」構築の出発点と位置付け、さまざまなイベントを行っている。

   記念事業のキャッチフレーズは「あなどれません。町田」。それを象徴するシンボルマークを全国から公募したところ358点の応募があり、この"ニヤリと笑う黄色の顔"が頂点に輝いた。正式名称はないが、通称「あなどれくん」と呼ばれている。

   町田市の記念事業実行委員会スタッフによると、奈良の「せんとくん」と同様、このシュールなキャラクターにも賛否それぞれの声が寄せられているという。

「若い人には受け入れられていますが、中高年の人からはふざけているのかという声もあります。でも、注目されないよりは、インパクトがあるほうがいいんです」

   応募作品にはほかにも優れたものがあったが、市制50周年記念事業のコンセプトをよく表しているとして、最優秀賞に選ばれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!