2021年 7月 31日 (土)

コスプレショップみたい? 渋谷にできた「自衛隊」PR施設

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「若者の街」渋谷にこの夏、「自衛館」という名前のちょっと変わった施設がオープンした。防衛省がPRのために設置した「自衛隊の広報施設」だという。いったい何が展示されているのか、J-CASTモノウォッチの記者が訪ねてみた。

ウィンドウには「自衛隊の制服」を着たマネキン

渋谷駅から歩いてすぐ。ポップな字体がかわいらしい
渋谷駅から歩いてすぐ。ポップな字体がかわいらしい

自衛隊の手袋。双眼鏡の倍率は8倍だ
自衛隊の手袋。双眼鏡の倍率は8倍だ

   渋谷駅東口から徒歩3分ほど、宮益坂を渋谷郵便局の方へ登って行くと、ウィンドウに自衛隊の制服を着たマネキンが飾ってある少し変わった一角がある。ウィンドウ上部には、かわいらしい桜のロゴマークと並び、ポップな書体で「自衛館」と描かれている。

   周囲から明らかに浮いているこの施設、一見制服オタク向けのコスプレショップかと思ってしまうが、実は自衛隊の広報施設なのだ。

   施設内は、白を基調としたすっきりとした内装だ。ウォーターサーバーが設置されているせいか、少し病院の待合室のような雰囲気だ。約15坪のワンフロアはPR施設としては少し狭いように感じた。

   室内のガラスケースには、戦闘機や戦車など自衛隊が所有する装備のミニチュアや、実際に自衛隊で使用されている手袋や双眼鏡が展示されていた。大型ディスプレイでは常時自衛隊の広報DVDが流れており、30代と見られる男性が、

「そこに飾ってある『精鋭』っていうDVDが観たいのですが」

と女性職員にリクエストしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!