2018年 7月 20日 (金)

「ブログタイムズ」の登場で変わるネット広告業界

印刷

   商品PRだけでなくマーケティングの要素も備えたブログの記事広告サービス「ブログタイムズ」が、2008年8月25日から始まった。提供しているのはベクトル(東京・港区)の子会社のPR TIMES。メリットはスポンサー企業だけでなく、1000円~1万円という"破格"の報酬を受け取れるブロガーのほうにもありそうだ。

   「ブログタイムズ」が生まれた背景には、「効果的な広告」を突き詰めた同社が最終的に「記事枠」「ブログ」というキーワードを最重要視した事実があった。そして、目を付けたのが「月間1万以上のPV」および1万PVには満たなくともユニークな読者層を抱える人気ブロガーたち。PV数については、書き手として登録後、同社が資格審査をする際に調べることになっているのだが、人気ブロガーである彼らに対象商品やサービス等について自由裁量で記事を書いてもらうことこそ訴求力を高める手法であると踏んだのである。

「月間1万以上のPV」ブログが目安

「ブログタイムズ」HPから
「ブログタイムズ」HPから

   条件をクリアし、「選ばれたブロガー」だけに記事執筆を依頼するということで、当然、ブロガーが受け取る報酬も"破格"だ。エニグモの「プレスブログ」やモバイルファクトリーの「ブロモーション」など、類似サービスを提供する他社がブロガーに支払う掲載報酬は数百円だが、「ブログタイムズ」の場合は1000円~1万円。金額に幅があるのは、対象商品を実際に使用して書くなど「難易度」の違いだという。「ブロガーの選定」「破格の待遇」というオリジナル戦略は、企業やブロガーにとって魅力ある世界に映るに違いない。

   それにしても、他社の報酬が「500円」とすれば、「ブログタイムズ」はMAXで20倍。こうなると、「ブロガーの気楽なアルバイト」ではなく"仕事感覚"と受け取られるかもしれない。ただ、PR TIMESの狙いはまさしくそこにある。

   「選ばれたブロガーが、プロ意識を持って商品やサービスの良さを表現するところに意味があると思っています。だから、ブロガーの皆さんには"仕事"として依頼できる環境というものを提供したい」とPR TIMES担当者。

   企業利用料は30万円から。

   日進月歩のインターネット広告業界。「ブログタイムズ」はそこに投じられた新たな一石となるかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中