2018年 7月 17日 (火)

西鉄、福岡市内で観光用循環バス「ぐりーん」運行

印刷
西鉄が運行する「福岡シティループバス『ぐりーん』」
西鉄が運行する「福岡シティループバス『ぐりーん』」

   西日本鉄道(福岡市)は2008年9月22日、福岡市内の観光スポットを周遊する路線バス「福岡シティループバス『ぐりーん』」の運行を始める。福岡市への観光客が国内外から増加していることを受けて、観光スポットを分かりやすく楽しめる交通手段として企画された。博多駅交通センターを基点に、キャナルシティ博多、福岡城址、シーサイドももち地区、櫛田神社などを結ぶルートを循環し、1周あたりの所要時間は70~80分。運賃は大人250円、子ども130円。

   車両デザインは、JR九州の「九州新幹線『つばめ』」「ソニック」などのデザインを手がけたことで有名な工業デザイナーの水戸岡鋭治氏が担当。外装は緑を基調として、床やシート、つり革などには木材を使用した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中