2019年 12月 5日 (木)

「東京の一日」鮮やかに表現 オニツカタイガー「光る靴」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   しばらく前からオニツカタイガーのホームページの動画が気になっていた。ネオンの輝く都会の中をカメラがドリーバックしていくとやがて、スニーカーの形をした街が現れ、オニツカを象徴するラインが高速道路になり、車が流れていく。

「エレクトリック・タイガーランド」を商品化

「Electric Light Shoe」。長さ1メートルの巨大なスニーカーのオブジェで、この世界をエレクトリック・タイガー・ランドと呼んでいる
「Electric Light Shoe」。長さ1メートルの巨大なスニーカーのオブジェで、この世界を"エレクトリック・タイガー・ランド"と呼んでいる

   この世界を「エレクトリック タイガーランド」とオニツカでは呼んでいる。これは映像だけでなく、長さ1メートルの巨大なスニーカー型のオブジェとして世界中の直営店を巡ってもいる。ワクワクした感じもあるし、日本の大都会らしい猥雑さもある。ところで、これをどうするつもりなの?......と実はずっと思っていた。

   それが商品として登場した。企画テーマは「TOKYO NIGHT & DAY」。東京の1日をイメージしていると言う。あの動画から写し取ったような街の風景が細かく描かれている。そしてその一部に蓄光プリントと蛍光プリントが施されている。

   このため、暗い所やブラックライトでネオンの街が浮かび上がるという仕組み。あの動画はコンセプトビジュアルで商品化を考えていたのだ。さらに1日を表現すべく、カラーバリエーションは白が昼、赤が夕、黒が夜と対応させたという。

   本当にそんなに光るものなのか、と店を覗いてみたところ、確かにしっかりと光る。「ELE-BOX JAPAN TOUR」というイベントがまさに今開催されている。「Don't look」と書かれた窓がいくつもあって、この中にこの靴の世界が展示されている。8月31日までは渋谷のパルコ店、その後、全国を回るようなので、みなさんも覗いてみてはいかが?


◆坂井 直樹 プロフィール

坂井直樹氏
ウォーターデザインスコープ代表/コンセプター。1947年京都市出身。京都市芸術大学デザイン科入学後、渡米。サンフランシスコでTattoo Companyを設立。ヒッピー達とTattooT-shirtを売り、大当たりする。帰国後、ウォータースタジオを設立し、日産「Be-1」「PAO」のヒット商品を世に送りだし、フューチャーレトロブームを創出した。2004年デザイン会社、ウォーターデザインスコープ社を設立し、ケイタイを初めとした数々のプロダクトを手がける。現在auの外部デザイン・ディレクター。07年9月、新メディアサイト「emo-TV」を立ち上げる。同年12月には、日常の出来事をきっかけにデザインの思想やビジネスコンセプトを書きつづった「デザインの深読み」(トランスワールドジャパン刊)を著した。

>>>emoTV ムービーのココロミ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!