女が熱狂する「SATC」 男一人で見てきました

印刷

   女性がいま一番見たいと思っている映画「セックス・アンド・ザ・シティ」。通称「SATC」を、J-CASTモノウォッチの男性記者が見に行った。雨の木曜日にたった一人で……

女には大人気だが、男は興味がない映画

映画版SATCは「アラフォー世代」の女性たちの恋愛模様を描く(C) MMVlll New Line Productions,Inc.Sex and the City(tm) is a trademark of Home Box Office,Inc.All Rights Reserved.
映画版SATCは「アラフォー世代」の女性たちの恋愛模様を描く
(C) MMVlll New Line Productions,Inc.Sex and the City(tm) is a trademark of Home Box Office,Inc.All Rights Reserved.

   SATCは、ニューヨークで暮らす女性の本音を赤裸々に描いて、大ヒットした米テレビドラマ。売れっ子ライターや弁護士、PR会社社長といった花形の職業をもつ女性たちが最先端のファッションに身を包んで、恋愛、特にセックスに関する過激な会話を展開する。

「いままでタブーだった話題を公の場に出してコメディに仕立てたのが、斬新だった」

と指摘するのは、テレビシリーズをシーズン1から6まで見尽くしたという都内IT企業に勤める山下玲子さん(仮名)だ。

   その斬新なキャラクター設定とコミカルな演出がウケて、20~40代の女性の圧倒的支持を集めた。いま上映されているのは、その映画化作品だ。日本での注目度も高く、女性誌はこぞってSATCを取り上げ、テレビの情報番組も一つの社会現象としてSATCブームを紹介した。

   ネットでもたくさんのブロガーがこの映画について書いているが、その93%は女性というデータもある(gooブログ検索)。つまり、女には大人気だが、男はほとんど興味がない映画。それがSATCなのだ。

   実際、一足早く映画館に足を運んだ山下さんの話では、

「観客のほとんどが女性だった。男性が映画館に行くのはちょっと勇気がいるかも……」

   ならば、男一人で見に行ってみるか。アマノジャクの記者は軽く考えたのだった。

映画館にはやっぱり「女」しかいなかった

苦しいときに助け合う「女の友情」が女性の共感を呼ぶ
苦しいときに助け合う「女の友情」が女性の共感を呼ぶ

   木曜の夜8時台、六本木ヒルズにある映画館。できれば出入りがラクな通路側の席に座りたかったが、すべて埋まってしまっていた。真ん中より前のほうで、通路から一つ中に入った席が空いていたので、そこにした。

   ビールとホットドッグ。ナイター観戦でもするようなつもりで座席に向かうと、すでに自分の両隣の席には女性が座っていた。右側は大きなサングラスをかけた20代と思われる女性。左側は友達と二人で見にきた30歳前後の女の人。足を組んでデンと座っている。   

   目の前の席も、後ろの席も、どこを見ても女、女、女。館内にはいろんな香水の香りが充満している。間違って通勤電車の女性専用車両に紛れ込んでしまったような気分だ。なかにはチラホラと男性の姿も見えるが、いずれもカップルで、男一人で来ているのは自分だけみたいだった。

   明らかに場違いなところに来てしまった。そんな後悔の念が湧き上がる。肩身の狭い思いで縮こまりながら、

「ホットドッグを食べるときはできるだけ音を立てないようにしないと……」

と自分に言い聞かせたりした。

「女ってそういうことを考えるんだ」という視点で見れば……

   しかし場内が暗くなり映画が始まると、そのような萎縮はどこかに行ってしまった。思いのほか、映画が面白かったからだ。

   主人公の結婚式を軸にしたストーリーはテンポがよくて飽きさせないし、主人公たちの多彩なファッションも目に楽しい。なによりも、登場する女たちの過激でおバカな言動は、男でもつい笑ってしまうものだった。

   男でも面白いのだから、女性ならなおさらだろう。山下さんも

「ドラマは見終わった後に考えさせられることも多かったけど、映画は楽しく見ることができた。男の人でも、『女ってそういうことを考えているんだ』という視点で見ることができれば面白いかもね」

と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中