ギャル社長にノックアウトされた一言

印刷

   こんにちは! このコラムをよく書かせてもらっている『ひぃ』です。
私は今、シホ有限会社G―Revo(SGR)の副社長という立場で働いています。

   以前、社長自身がギャル革命の話を書かせてもらいましたが、
今回は私の話をさせてもらえればと思います。

迷いのない言葉に…

ギャル革命って?
ギャル革命って?

   シホ有限会社G―Revoに入って今年で4年目を迎えます。

   最初、社長が「『ギャル革命』したいんだけど手伝って欲しいっっ!」 ってかなりあつく語ってきた姿を今でもよく覚えてます。

   私たちは6年以上前に知り合ってたんです。

   友だちの友だち。「面白い子がいるから紹介するよ!!」と友だちに紹介されたのがきっかけ(笑)。

   一言でいうと「渋谷で遊ぶ仲間繋がり」。
第一印象は普通のギャル。でも「なんか不思議オーラがある子だな」って感じてたんです。

   そしてメールゃ電話をする度に引かれるものがあって、3年の歳の差はあったけど、気にせずっと仲良くしてたんです。

   2004年10月。

「ぁたしギャル革命するから!!」

   社長が言った言葉には迷いがなくて、その勢いにおされ、私も陰ながらだけど手伝うことになりました。

「絶対幸せにします!!」

   そしてSGRに入ったきっかけは、社長の愛と心(気持ち)の熱さでした。
私は大学を卒業して1度某企業に入ったんです。
でも、なんか、もやもやする気持ちもあって……。

「なんで会社はみんな同じ事をして、みんな同じスーツ着て、ルールがあって、自分は現場で動いていていいと思うのにやりたい事もできなぃんだろう!?」

   前にいた会社は、確かに立派な会社でした。
優しい先輩にもめぐりあえたし、どちらかといえば、凄く成長もできるし良い環境だったんです。

   けど、社長が1人でメルマガを集めたり、ビラを配ったり、何にも知識ないのに企画書作って営業行ってる姿を見て、「私も今もっと出来る事あるんじゃないかな……!?」
そう感じ始めたんです。

   その時に社長の志穂から真剣に相談されたんです。

「ひぃちゃん!! まだ会社も形になってないし、不安かもしれないけど私と一緒に会社に入ってギャル革命してほしい!」

   はっきりいって衝撃的な言葉でした。
3つも年下の子に勧誘されるとは今までの人生で考えた事なかったし、その時の社長の真剣な顔は今でも忘れられない顔でした。

   そして最後に私がシホ有限会社G―Revoに入社しようと思った決め手は志穂のこの一言。

「ひぃちゃん!! 絶対幸せにします!! どんな事があっても志穂が守る!!」

   この一言で私はノックアウトされました(笑)
そして……長くなるので又次回お話ししますっ!

シホ有限会社G―Revo ひぃ

シホ有限会社プロフィール

シホ有限会社G―Revo
ギャル社長こと藤田志穂さんが2005年に19歳で起業した会社。ギャルに対する偏見やネガティブイメージを払拭しようと活動中。藤田社長は、講談社から「ギャル革命」を出版、ブログ「☆ギャルの革命☆」も更新中。ギャルでも、いやギャルだからできる! とギャルに特化したリサーチや企画・開発、プロモーションを行っている。ギャル100%会員サイトGRP(ギャル・リサーチ・プレス)のプロデュースもしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中