2018年 7月 17日 (火)

消費電力「10%減」 家計に優しい照明

印刷
「ネオスリムV Digilx(デジルクス)106W形」
「ネオスリムV Digilx(デジルクス)106W形」

   東芝ライテックは、従来の住宅用照明機器(114W形)と比べて明るさがほぼ同じで消費電力を約10%減らした106W形を開発、住宅用照明器具「ルミオ」シリーズの「ネオスリムV Digilx(デジルクス)106W形」として2008年9月10日に発売する。

   「ネオスリムV Digilx(デジルクス)106W形」には、新たに光出力をデジタル制御する方式を採用。これにより、明るさを100%~約1%の範囲で調光することができる。また、フェードイン点灯、フェードアウト消灯機能が付いて、約3秒かけて、ゆっくりと点灯・消灯する。タイマーで予約した時刻の30分前から、徐々に明るくする「おめざめタイマー」機能も付いている。あわせて、「ネオスリムV 106W形」も発売する。いずれも、オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中