美容界の巨匠が著書で提言 「にっぽんチェンジ」

印刷
日本の将来はどうなるのだろうか…
日本の将来はどうなるのだろうか…

   「ヌーベル・エステティック・アカデミー」の校長も務めるなど、美容家として35年間のキャリアを誇る木村嘉男さんが、あえて官僚や政治家らに「現代の日本で良いのか?」を問うた「にっぽんチェンジ!」(展望社)を上梓、好評を得ている。

   本の中で木村さんはかつて役所勤めをしていた経験を踏まえ、日本の指導者たちの無責任ぶりを追及。官僚機構や政治エリートなどを糾弾するとともに、政治素人であっても国家を思う志があれば、自ずと見えてくる世界があると説く。

   東京・新宿の紀伊國屋書店では2008年8月18日のデータで売り上げ3位、紀伊國屋書店全体でも27位を記録。

   木村さんは「社会の良識ある指導者や、現在の日本に疑問を抱いている若者に読んでもらいたい」としている。

    定価は1470円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中