メタリカ 5年ぶりの新作は「原点回帰」

印刷
「死」「自殺」「償い」などが今回のテーマだという
「死」「自殺」「償い」などが今回のテーマだという

(C)UMKK
(C)UMKK

   米国の人気メタルバンド、メタリカが2008年9月12日、新作アルバム『デス・マグネティック』(Death Magnetic)を世界同時発売する。

   「メタル・モンスター」と呼ばれ、1983年のデビュー以来常にシーンの最前線を走り続けてきたメタリカ。叙情的なメロディと、ヘヴィなリフで、メタルファンのみならず、ロックファン全体から高い評価を受けている。

   約5年ぶりの新作となる『デス・マグネティック』は、80年代の『ライド・ザ・ライトニング』や『メタル・マスター』時代を思い起こさせる原点回帰作。ラーズ・ウルリッヒが『BURRN!』誌で「なるだけオーガニックになるように務めた」と語るラウドで荒々しいサウンドは、ヘヴィなギターと、爆撃のようなドラムをより一層引き立てることに成功しており、昔からのファンも狂喜すること間違いなしだ。

   価格は初回生産限定盤が2800円、通常盤が2500円となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中