「ガリレオ」×東芝、期間限定の謎めいたTVCMを放映

印刷
デジタルはどこまで美しく、温かく、やさしくなれるのか
デジタルはどこまで美しく、温かく、やさしくなれるのか

   フジテレビ系月9ドラマ「ガリレオ」で福山雅治さんが演じた物理学科准教授「湯川学」。その「湯川」がひとり出演する東芝の謎めいたCMが、2008年9月12日からフジテレビ系限定で流れている。

   「デジタルはどこまで美しく、温かく、やさしくなれるのか」。

   黒いキューブが浮遊する異次元的空間の中で自問する「湯川」の声が響く。
   その後、衝撃のラストシーンが…。

   「デジタルの謎――」

   08年10月に公開を控える劇場版「ガリレオ 容疑者Xの献身」と同様、今回のCMテーマは「その謎を、愛そう」というもの。

   東芝に確認すると、「期間限定というだけで、詳しいことはまだ、お話できない」とのこと。ちなみに東芝のサイトでは一切この内容について、掲載されていない。

   「ガリレオ・湯川」が考える「謎」の正体とはいったい何なのか。今後の動向が気になるが、すでに福山雅治ファンの間ではさまざまな憶測を呼んでいるようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中