2018年 7月 19日 (木)

VHSビデオ一体型も 「AQUOSレコーダー」に新機種

印刷
待機時消費電力が従来比70%オフ
待機時消費電力が従来比70%オフ

   シャープは2008年10月20日、ブルーレイレコーダーの新機種として、シングルチューナータイプの<BD-HD22>と、VHSビデオ一体型の<BD-HDV22>「AQUOSブルーレイ」2機種を10月20日に発売する。

   高画質・高効率圧縮技術の「MPEG-4 AVC/H.264トランスコーダー方式」を採用しており、ハイビジョン番組を高画質のまま、長時間録画することができる。また、AV機器同士をつなげてひとつのリモコンで操作できる「ファミリンク」に対応している。

   なお、テープの再生やディスクへのダビングが簡単にできるVHS一体型モデル「BD-HDV22」は2008年11月25日に発売。

   HDD容量はいずれも250GB。オープン価格。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中