VHSビデオ一体型も 「AQUOSレコーダー」に新機種

印刷
待機時消費電力が従来比70%オフ
待機時消費電力が従来比70%オフ

   シャープは2008年10月20日、ブルーレイレコーダーの新機種として、シングルチューナータイプの<BD-HD22>と、VHSビデオ一体型の<BD-HDV22>「AQUOSブルーレイ」2機種を10月20日に発売する。

   高画質・高効率圧縮技術の「MPEG-4 AVC/H.264トランスコーダー方式」を採用しており、ハイビジョン番組を高画質のまま、長時間録画することができる。また、AV機器同士をつなげてひとつのリモコンで操作できる「ファミリンク」に対応している。

   なお、テープの再生やディスクへのダビングが簡単にできるVHS一体型モデル「BD-HDV22」は2008年11月25日に発売。

   HDD容量はいずれも250GB。オープン価格。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中