24のエフェクト内蔵したサイレントバイオリン

印刷
バイオリンの新たな可能性を追求したモデルだ
バイオリンの新たな可能性を追求したモデルだ

   ヤマハは2008年10月10日、サイレントバイオリン「SV150」を発売する。

   演奏の場所や時間を問わない消音機能により、初心者からプロの演奏者まで幅広い層に使用されているサイレントシリーズ。今回発売される「SV150」では、これまで本体に内蔵されていたコントロール部を外付けにして、本体重量をアコースティックバイオリンに近い重量にした。より自然に演奏ができるという。

   コントロール部には24タイプのエフェクトを内蔵した。リバーブやコーラスといった空間系エフェクトだけでなく、ディストーションやオートワウなど過激なエフェクトも内蔵しているので、これまでにない多彩な演奏が可能だ。

   また、SDカードによる楽曲演奏機能も内蔵している。模範演奏を聴いたり、独奏用のカラオケとして利用することもできるので、個人練習にも適している。

   カラーは、「ブラウン」「ブラック・スパークル」「ワインレッド」の3色。価格は12万750円となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中