古着買うなら「Buffalo Exchange」おしゃれでエコ心そそる

印刷

   前回、アメリカ大統領選がらみのネタを書きましたが、その後、共和党の副大統領候補が決まり、アメリカ大統領選挙がガ然おもしろくなってきました。

   ペイリン氏は我々の間でも「副大統領候補として適任か?」と盛り上がっていて、先日、初めて単独インタビューをしたABCの番組もじっくり見ました。

   しかしなんといってもペイリン氏と言えばあの眼鏡! 私も初めて彼女をみたときはあの眼鏡に目がいきました。やはり注目度は高いようで、注文が殺到しているそうですが、私の友人の友達のアメリカ人も共和党大会をTVでみていて、ペイリン氏の眼鏡が気に入り、後日さっそくチェーン店の眼鏡屋に買いにいったところ、取り扱っていなかったそう。

   かわりに言われたことは「あなたのような人が今日はたくさんお店にやってきているの」。それをきいて思わず笑ってしまいました。

   そしてあの眼鏡は日本製というではありませんか。外国で日本製品の評判がいいとやはりうれしいものです。

   「Obama」ステッカーに加えて、「McCain」ステッカーもぼちぼち見かけるようになりました。そのうちサラ・ペイリンの名も入った「McCain & Palin」ステッカーも目にするようになりそうです。

   来週には選挙資金集めのFundraising PartyでNewport Beachも訪れるそうで、いくら集めるか今から興味津々です。

フツーの「古着屋」が若者から注目

「Buffalo Exchange」は気楽に入れるお店「Buffalo Exchange」は気楽に入れるお店
Paul FrankのTシャツ(新品)は13ドル(左)ルイ・ヴィトンのTシャツ(古着)はなんと15ドル(右)。ラッキー! Paul FrankのTシャツ(新品)は13ドル(左)ルイ・ヴィトンのTシャツ(古着)はなんと15ドル(右)。ラッキー!

   さて今回取り上げるのは古着屋です。古着屋の中でもレアものを扱っているお店ではなく普通の服を扱っている古着屋です。

   先日、LA Timesに「買い物をする時、最初に古着屋に足を運ぶ人が増えている」という記事がありました。

   古着屋といえば個人的に好きでたまにのぞくのがBuffalo Exchange。ここは新しいものや中古のものを売っているのですが、ターゲットとする年齢が若いために、おしゃれでかわいいものが並んでいるのです。若者に人気のジーンズやカジュアルブランドの古着も良心的なお値段で売られています。

   ニューヨークにいったときも支店をのぞいてみましたが、やはりTシャツやジーンズ、サマードレスのようなカジュアルで色鮮やかなものはロサンゼルスの品揃えのほうがよさげでした。

   ただアメリカらしいのは、どちらの店でも「これもうあと1、2回きたらもうだめでしょ?」というものも売られているということ。もちろん着古した感の強い服の値段は安いのですが、それでも驚いてしまいます。

品物の寄付で成り立つ「Goodwill」

いかにもアメリカンな店構えの「Goodwill」
いかにもアメリカンな店構えの「Goodwill」

   ブランドにそうこだわらなければ、Goodwillのお店で買うという手もあります。こちらは非営利団体のGoodwillが経営しているお店。店内は普通のお店と比べて殺伐としていて、購買意欲をそそるふうではありませんが、服やバッグ、本、そして食器などの日用品が売られています。売られている品物もきちんと季節のイベントにあわせてあり、今は10月末にあるハロウィングッズ、たとえばコスチューム(新品、中古両方あり)、タオル(新品)などが売られています。Buffalo Exchangeでもハロウィーン前になるとコスチュームが販売されます。

   余談ですがGoodwillではいつも寄付を受け付けているため、私もいらなくなったけれど、捨てるにはしのびない服や日用品などをよく寄付していますし、友人たちとガレージセールをしたあと、残ったもので売れそうなものはまとめてここに寄付します。寄付をすると税金控除にもなるのがうれしいのです。

   ロサンゼルス以外でも、全国展開している古着屋で勢いのあるお店はLucky You、Just Between FriendsLuLu's Consignment Boutiqueなどがあります。

   経済状態が悪化しているなかで、寄付から成り立っているGoodwillはその影響を受けやすいそうですが、Buffalo Exchangeをはじめとする古着屋はデパートなどの売り上げが落ちている中、前年より売り上げ増だそうで、新規出店したり、オンラインでの販売を拡大したりしつつあるようです。

   Buffalo Exchangeは品物を買うと袋にいれるかどうか聞かれます。いらないというと、5セントの価値のある紙製の代替コインを渡されます。これをレジの前に並べられた3つの箱の中の一つにいれます。それぞれの箱には動物愛護団体などの非営利の団体名が記されているのですが、買い物袋を使うかわりにここに寄付をお願いするシステムになっているのです。それがまた私の中にあるエコ心をそそるのでした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中