2018年 7月 18日 (水)

フルハイビジョン画質のプロジェクター

印刷
高級感あるデザインを採用した
高級感あるデザインを採用した

   三菱電機は2008年9月25日、フルハイビジョン画質のホームシアター向けプロジェクター「LVP-HC7000」を発売する。

   光の漏れを防ぐ「光学補償板」と、光量を精密に制御する「Diamond Black Iris」を搭載したことで、コントラスト比を70000:1に高めた。暗いシーンで、より深い黒色を再現できるという。また、天板を二重構造にしたことなどで、本体から発生する音を17デシベルまで低減させた。

   ブルーレイディスク対応プレーヤーなどの普及が進んでいることから、同社はフルハイビジョン画質のプロジェクターの市場が伸びると予想しており、月産1000台を見込む。想定価格は35万円前後。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中