フルハイビジョン画質のプロジェクター

印刷
高級感あるデザインを採用した
高級感あるデザインを採用した

   三菱電機は2008年9月25日、フルハイビジョン画質のホームシアター向けプロジェクター「LVP-HC7000」を発売する。

   光の漏れを防ぐ「光学補償板」と、光量を精密に制御する「Diamond Black Iris」を搭載したことで、コントラスト比を70000:1に高めた。暗いシーンで、より深い黒色を再現できるという。また、天板を二重構造にしたことなどで、本体から発生する音を17デシベルまで低減させた。

   ブルーレイディスク対応プレーヤーなどの普及が進んでいることから、同社はフルハイビジョン画質のプロジェクターの市場が伸びると予想しており、月産1000台を見込む。想定価格は35万円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中