2021年 6月 17日 (木)

世界中タダで無線LANネット 「FON」のウマい話はどこまで本当か

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ミニノートPCにスマートフォン、携帯ゲーム機――。無線LAN(WiFi)機能をそなえた機器が身の回りに増えつつある。家庭用の無線LANルーターや外出先で使える無線LAN接続サービスがあらためて注目を集めているが、そんななかでもひときわ目を引くのが、世界中無料でネット接続ができると謳う「FON」だ。

家庭内では、簡単、手軽で安価な無線LANルーター

FONの専用ルーターは手の平に載る小型サイズ。写真は「La Fonera+」
FONの専用ルーターは手の平に載る小型サイズ。写真は「La Fonera+」

   公式サイトのキャッチフレーズは「世界で最も巨大なWiFiコミュニティー」。8月には世界の会員数が100万人を突破したというFONの仕組みを簡単に説明すると、自宅などに設置した無線LANルーター(アクセスポイント/AP)を他のFON会員に解放して接続させるかわりに、自分も外出先で他の会員のルーターを無料で利用できるというもの。会員内で無線アクセスポイントを共有するというアイデアである。FONは世界規模で展開しているため、「世界中で無料ネット接続」と宣伝しているわけだ。

   家庭内と外出先の無線LAN接続が一石二鳥――。本当なら夢のような話だが、そこにはいくつかの条件がある。まずルーターを設置する自宅に常時ネット接続環境があることが前提で、それらは大抵有料だ。加えて専用ルーターの「La Fonera」が必要になる。これはウマい話の大きな落とし穴のようである。モデルの仕事を斡旋すると言いながら、高額な登録料を巻き上げる類かと警戒したくなるが、そう心配することもない。La Foneraは1980円と安価(有線LAN用のイーサーネットポートを持つLa Fonera+は2980円)で、規格は現在一般的なIEEE802.11b/gだから、多くの携帯機器で使える。なお、La Foneraはネット上のほか、一部の大手家電量販店店舗でも購入できる。

   手持ちのインターネットルーター/モデムにつなぐだけで、とくに複雑な設定も不要。家庭内で簡単、手軽、安価で必要にして十分な無線LANルーター/APとして使えるのである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!