「味の素」が開発したチークカラー

印刷
アミノ酸の「オイシイ」成分がたっぷり
アミノ酸の「オイシイ」成分がたっぷり

   味の素は同社の通信販売化粧品「Jino(ジーノ)」から、アミノ酸配合のチークカラー「アミノファイン チークカラー」を2008年9月30日に発売する。

   アミノ酸系パウダー「アミホープRLL」を高配合しており、肌に溶けこむようなつけ心地との評判だ。

   またアミノ酸「セリン」、アミノ酸系セラミド類似成分「エルデュウ」などの成分が水分を抱え込み、しっとり感が一日続くという。

   さらにアミノ酸「アルギニン」、アミノ酸系保湿成分「PCA-Na」が肌の代謝を促し、顔色を明るくトーンアップさせる。

   コーラルピンクのみの1色展開。

   価格はレフィルが1575円、ブラシ付コンパクトケースが1260円。通信販売のみで取り扱う。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中