ボルボ、2009年モデルを4種

印刷
新型モデルに胸が高鳴る
新型モデルに胸が高鳴る

   ボルボ・カーズ・ジャパンは、「C30」「S40」「S80」「XC90」の2009年モデルを、08年9月23日に売り出した。

   いずれも、新車登録時から3年間、所定のサービスを受けられるサービスプログラム「VSP」が無償で付帯される。

   「C30」「S40」シリーズは「SE」グレードの装備を、バイ・キセノンヘッドライト標準装備とするなどし、充実させた。また、内外装や足回りにスポーティな装備を施す「R-DESIGNパッケージ」も用意した。価格は「C30」が295万円~457万円、「S40」が305万円~509万円。

   「S80」シリーズは、「3.2SE」「3.2SEAWD」に、ドライバーの注意力が低下したと判断される場合に警告を発する「ドライバー・アラート・コントロール」を採用するなど、安全面を充実させた。価格は645万円~910万円。

   「XC90」は、「XC90V8TEAWD」の装備を拡充し、フロントシートに「ベンチレーション機能」と「マッサージ機能」、2列目シートに「シートヒーター」を標準装備している。価格は675万円~915万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中