メタボ予防に最適な減量メニューを自動設定

印刷
接続画面イメージ
接続画面イメージ

   デサントのヘルスマネジメント研究所は、メタボリック予防のための健康管理ツール「XaviX(ザビックス)‐D3(ディースリー)」を、2008年10月中旬から発売する。

   バイタルデータ(健康診断の結果データ)を入力することで、個人個人に最適な減量メニューが自動的に設定され、3軸加速度センサーを搭載したアクションセンサーを携帯することで日々の活動量を把握し、不足分をバーチャル・インストラクターが指導、自宅でエクササイズできるシステム。蓄積されたデータをグラフで確認しながら健康管理することもできる。希望小売価格は、2万4800円。

   なお、この商品は半導体やソフトウェア・デジタル機器の開発、製造・販売を手がける新世代株式会社との共同で開発した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中