話すだけでポッドキャスト番組ができるソフト

印刷
画面のディレクターに話すだけ!
画面のディレクターに話すだけ!

   河合楽器は2008年11月26日、手軽にポッドキャスト番組を作成できるソフト「ExPod(エクスポッド)」シリーズ4製品を発売する。

   ポッドキャストは、自分の声でラジオ番組のようにメッセージを配信できるサービス。個人の使用だけでなく、企業の情報発信ツールとしても使用されている。

   今回発売される「ExPod」シリーズは、「ブログのような手軽さで、話すだけでポッドキャストの番組作成をできるように」開発されたソフトウェア。番組の構成から収録、そしてブログに公開するまでの一連の流れを、画面上のディレクターの指示に従ってしゃべるだけで、手軽にポッドキャスト番組を作ることができる。ポッドキャスト番組に不可欠なBGMやジングルなどには、河合楽器がこれまでデジタルピアノのデモ曲などで蓄積してきた豊富な音源を使用している。

   価格は、ポッドキャスト番組作成ソフト「ExPod」と、ジングル作成ソフト「TitleCall(タイトルコール)」、音素材集「SoundDeck(サウンドデッキ)特別版」をCD-ROMに収録した「ExPodプレミアムパック」が1万3440円となっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中