「不満」はその日のうちに解決 サイトに書き込んで吹き飛ばせ!

印刷

   日々募る不満の数々……。みんなで不満を書き込んで、吹き飛ばしてしまおう――そんな趣旨のサイトが登場し、話題となっている。愛らしいキャラクターが使われていたり、不満の内容に順位がつけられたりと、サイト自体もなかなか凝った作りだ。

ブタがトレードマーク「booing.jp」

「booing.jp」のトップページ。「生活の中で感じている不満を考えるきっかけとなれば」とサイトをオープン
「booing.jp」のトップページ。「生活の中で感じている不満を考えるきっかけとなれば」とサイトをオープン

   くだんのサイトは、日本労働組合総連合会が2008年9月18日に開設した「全日本ご不満放出選手権『booing.jp』」。

   格差問題や物価高といった社会問題が取り上げられている中、どうすれば安心して暮らせる社会になるかにスポットをあてたものだ。職場や地域で暮らす人々と一緒に運動を進めたいとの思いから企画、「booing.jp」をオープンしたという。

   さっそく中身をのぞいてみると、キャラクターとして使われている、ピンク色の愛らしいブタ「トブ太くん」がいきなり視界に飛び込んでくる。最初に「あなたの不満を、トブ太くんに注入してください」との文言に沿って50文字以内で書き込んだ後、不満のジャンルやニックネーム、職業、年齢、性別などを選択。そして「不満注入」と名づけられたボタンをクリック――。

   すると、書き込まれた内容がアニメーションとともに、「トブ太くん」の鼻先に注入されていくという凝った演出があり、書き込まれた不満を吸い込んだ「トブ太くん」は徐々に体が膨れていく。やがて、「MAX」に到達して耐え切れなくなってしまった「トブ太くん」は、不満を吐き出して、吹き飛んでいってしまうのだ。

「不満」ランキングを掲載

連合企画局長の山根木晴久さん
連合企画局長の山根木晴久さん。「みなさんの不満をどうすれば解決できるのかを、私たちと一緒に考えてもらえば嬉しいです」

   サイト内では、吐き出された「不満」の「飛距離」…つまり、「トブ太くん」が吹き飛んだ距離を計測するという演出がある。同時に、その飛距離によってそれぞれの「不満」に順位がつけられる仕組みになっている。

   ちなみに、08年9月29日現在のランキング1位は、静岡県の「仙人」さんの不満で、

「ここ3年間、給料がまったく増えない」

という世相を反映したもの。飛距離は「5836m」を記録し、4000m台を記録している2位以下に大差をつけていた。ちなみに、ランキングは50位まで掲載しているが、上位にランクインした不満の中には次のような仕事関連のものが目立つ。

愛知県・らぎっちさん「仕事がみつからなーい!」
兵庫県・まるさん「仕事つらい」
京都府・よっしさん「団塊の世代の人達はほとんど仕事の邪魔」
茨城県・たかさん「ちゃっちゃと仕事せい!!!」

   さらに、

沖縄県・runaさん「Tさんのことが気になるけど これって恋なのか分からない」
愛知県・なおごんさん「2年越しの遠距離恋愛。止めたいけど、好きだから止められない!」
兵庫県・ぶた女さん「好きなわけじゃないけど、前、私に告白してきた(3ヶ月位前)男友達に彼女ができ」(注・字数制限のため、途切れたらしい)

といった恋愛にまつわるものも当然、多い。また、都道府県別の不満をまとめた「都道府県別データ」を確認したところ、おおむねどこの県も、「仕事」、「恋愛・結婚」もしくは「夫婦・家族」にまつわるものが票を伸ばしていた。

   こうして不満を書き込み、「トブ太くん」がその文字を吐き出してくれることで、溜まったものはある程度、解消されるようだ。

   同サイトの企画者、連合の企画局長の山根木晴久さんは、

「予想を超える反応に正直ビックリしています。自分の不満を吐き出して楽しんでいただくだけでなく、他の人がどんな不満を持っているのかのぞいてみたり、お気軽にご友人と飛距離を競ったり、自分のトブ太が飛んでいる様子を自慢してみるなどいろいろ楽しんで下さい」

と話している。皆さんも不満を放出することで、何かが見えてくるかもしれない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中