2018年 7月 20日 (金)

「イオス」と「パサート ヴァリアント」の一部変更 VW

印刷
写真は「イオス2.0TSI」
写真は「イオス2.0TSI」

   フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、「イオス 2.0TSI」と「パサート ヴァリアント TSI コンフォートライン」の装備を一部改良、2008年10月1日から売り出す。

   「イオス」は装備を一部変更し、バイキセノンヘッドライトやパークディスタンス コントロールを標準装備とし、安全性を高めている。また、HDDナビゲーションシステム「RNS 510(地デジTV受信機能とETC車載器のセット)」も標準装備となる。価格は469万円。

   「パサート」は、バイキセノンヘッドライトとスタティック&ダイナミックコーナリングライトが標準装備となる。価格は360万円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中