「イオス」と「パサート ヴァリアント」の一部変更 VW

印刷
写真は「イオス2.0TSI」
写真は「イオス2.0TSI」

   フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、「イオス 2.0TSI」と「パサート ヴァリアント TSI コンフォートライン」の装備を一部改良、2008年10月1日から売り出す。

   「イオス」は装備を一部変更し、バイキセノンヘッドライトやパークディスタンス コントロールを標準装備とし、安全性を高めている。また、HDDナビゲーションシステム「RNS 510(地デジTV受信機能とETC車載器のセット)」も標準装備となる。価格は469万円。

   「パサート」は、バイキセノンヘッドライトとスタティック&ダイナミックコーナリングライトが標準装備となる。価格は360万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中