お酢が主成分の家庭用消火器 宮田工業が開発

印刷
1本あればキッチンでも目立ちそう
1本あればキッチンでも目立ちそう

   自転車製造で知られる宮田工業は、お酢が主成分の家庭用消火器「キッチンアイ」を、2008年10月15日から発売する。天然植物抽出物や甘味料など、厚生労働省が食品への利用を認めている原材料のみを使用した、中性の液状消火剤を開発。住宅用消火器の規定に定められた「普通火災」「ストーブ火災」「電気火災」「天ぷら油火災」に対応した。

   消火器は家庭の目立たない場所に置かれていることが多く、緊急時での対応が遅れることも問題視されているので、これまでの消火性や安全性に加えてデザイン性や利便性にもこだわった。食品原料なので、食器や家具などに付着した消火剤も、拭き取るだけで簡単に後処理できる。また、自転車製造で培った技術を生かしたメタリック塗装で「ジュエリーカラー」をテーマに、シャンパンゴールド、エメラルドグリーン、プラチナシルバー、ルビーレッドの4色を用意した。高さ約38センチ、重さ2.2キログラムと、女性にも使いやすい大きさにした。

   同社ではこの商品を、ミヤタ消火器代理店と自転車販売店、オンラインショップで販売。価格は8800円(オンラインショップ価格)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中