2021年 7月 31日 (土)

「指」をさして伝えるチョー便利な「会話本」 

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   海外旅行で何かと問題なのは会話。簡単なあいさつ程度はできても、レストラン・駅・宿泊交渉など、さまざまな局面で四苦八苦した経験をお持ちの方も多いはずだ。そこで今、ちょっと話題になっている「本」があるので紹介してみたい。その名も「旅の指さし会話帳」(情報センター出版局)。一冊のガイド本としてスタートしながら、PC、携帯、電子辞書、はたまたiPodまで展開が広がっている。

始まりのきっかけは書籍の「付録」

「旅の指さし会話帳」というネーミングもユニーク「旅の指さし会話帳」というネーミングもユニーク

中身はこんな感じ 中身はこんな感じ

   「旅の指さし会話帳」は、単語や会話文がシチュエーションに合わせてイラスト入りで掲載されており、語学の苦手な人でも語と文を組み合わせれば現地の人と手軽に会話ができるという、ロングセラーの旅行必携本。

   シリーズがスタートしたきっかけは、1995年に出版された福井隆也氏・関口左千夫氏・小林紀晴氏による単行本「ベトナム・センチメンタル」(情報センター出版局)の巻末ページに、付録としてついていた「ベトナム語コミュニケーションシート」が読者や書店側から書籍化の要望を受けたことだった。その後、98年にタイ・インドネシア・香港の3ヶ国語が順を追って発売されている。

   出版元である情報センター出版局の緒方さんは、書籍化についてこう振り返った。

「第一に、言葉を知らなくとも、指をさすだけで、現地の人とコミュニケーションがとれるような書籍に、との思いがありました。また、バッグパッカーがズボンのポケットに入れて持ち運びできるよう、コンパクトになるよう工夫しましたね」

   当時、英語・フランス語などメジャー言語のガイド本は巷(ちまた)にあふれていたものの、どちらかというと馴染みの薄い言語のガイド本は種類が少ないうえに価格的にも高めだった。そんななか、「旅の指さし会話帳」は気軽に語学に触れ、かつ現地でも役立てることのできるツールとして評価を上げていったようだ。

   2008年9月現在では、北京・雲南・上海など地域別のものや、「恋する指さし会話帳」「ビジネス指さし会話帳」などのシリーズも含めれば、書籍版だけで実に102シリーズが出版されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!