2018年 7月 21日 (土)

インプレッサを一部改良 新たな追加車種も

印刷
後席中央に3点式シートベルトとヘッドレストを装備するなど安全性も高めた
後席中央に3点式シートベルトとヘッドレストを装備するなど安全性も高めた

   富士重工業は、「スバルインプレッサ」を一部改良、同時に4ドアモデルの「インプレッサアネシス」をラインアップに追加し、2008年10月8日から売り出した。

   今回の改良ではグレード体系を見直し、1.5Lモデルに15インチアルミホイールなどを与えた「1.5i-L」を、2.0リットルNAモデルに運転席8ウェイパワーシートなどを標準装備とした「2.0i-S」をそれぞれ追加している。

   「インプレッサアネシス」は内外装の装備を充実させたモデル。エクステリアでは専用フロントグリルや金属調塗装を施したアウターハンドルなどを備える。インテリアでは後席シートバックを可倒式とし、トランクスルー機能を標準装備にするなどした。

   価格は「インプレッサ」が147万円~262万5000円、「インプレッサアネシス」が157万5000円~217万3500円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中