インプレッサを一部改良 新たな追加車種も

印刷
後席中央に3点式シートベルトとヘッドレストを装備するなど安全性も高めた
後席中央に3点式シートベルトとヘッドレストを装備するなど安全性も高めた

   富士重工業は、「スバルインプレッサ」を一部改良、同時に4ドアモデルの「インプレッサアネシス」をラインアップに追加し、2008年10月8日から売り出した。

   今回の改良ではグレード体系を見直し、1.5Lモデルに15インチアルミホイールなどを与えた「1.5i-L」を、2.0リットルNAモデルに運転席8ウェイパワーシートなどを標準装備とした「2.0i-S」をそれぞれ追加している。

   「インプレッサアネシス」は内外装の装備を充実させたモデル。エクステリアでは専用フロントグリルや金属調塗装を施したアウターハンドルなどを備える。インテリアでは後席シートバックを可倒式とし、トランクスルー機能を標準装備にするなどした。

   価格は「インプレッサ」が147万円~262万5000円、「インプレッサアネシス」が157万5000円~217万3500円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中