2018年 7月 16日 (月)

タブ譜作成もできる 楽譜認識&作成ソフト

印刷
「スコアメーカーFX3」の画面イメージ
「スコアメーカーFX3」の画面イメージ

   河合楽器は2008年10月29日、楽譜認識・作成ソフト「スコアメーカーFX3」を発売する。

   市販の楽譜をスキャナで読み取り、編集から印刷、演奏もできる「楽譜認識&作成」ソフトウェアシリーズ。今回発売される「FX3」では楽譜の常識から誤認識を排除する「新推定処理」機能を導入し、現行品の「FX2」より大幅に楽譜認識率が向上した。また、「FX3 Pro」では、手軽にタブ譜の入力ができる「タブ譜入力パレット」や、ギターやキーボードの運指を表示する「コードダイアグラム」機能も装備しているので、ポップスやロック系のユーザにとってより使い勝手のいい仕様となっている。

   価格は、ハイグレード版の「FX3 Pro」が6万3000円、スタンダード版の「FX3」が3万9900円、楽譜作成機能に特化した廉価版の「FX3 Lite」が1万5750円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中