ヒラリー・スワンク主演「P.S.アイラヴユー」公開間近

印刷
難しい役どころを演じるヒラリー・スワンクの熱演は必見だ
難しい役どころを演じるヒラリー・スワンクの熱演は必見だ

   世界40か国以上で出版され、500万人が涙したといわれる純愛小説「P.S.アイラヴユー」(セシリア・アハーン著)が完全映画化され、日本でもムービーアイと東宝東和の共同配給で2008年10月18日から有楽座(東京・千代田区)を皮切りに全国拡大ロードショーされる。

   突然、最愛の夫を失い、悲しみに打ちひしがれている妻の元に届いた消印のない手紙の差出人は、なんと亡き夫…。手紙が2通、3通と続いていくうち、妻は「悲しみ」から「幸せ」を感じていくようになり、生きる力を取り戻していく――。

   妻を演じるのは2度アカデミー賞主演女優賞に輝いたヒラリー・スワンク。夫役は「オペラ座の怪人」などに出演しているジェラルド・バトラーが演じている。

   リチャード・ラグラヴェネーズ監督作。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中